仮想通貨取引所のZaifって何?Zaif(ザイフ)の魅力を探る

シェアする

どうも、仮想通貨取引所のZaifを口座開設した、たろです。

Zaifでは、現金からビットコイン(BTC)に交換したり、ビットコイン(BTC)から別の種類の仮想通貨に交換するサービスを行っています。

以前Zaifと言う名前を聞いたことがあるけど、実際のところどんな取引所なの?Zaifのサービスを知りたい!

そんな方に向けてZaif(ザイフ)の魅力について探ってみました。Zaifは結構良い取引所かも?

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)について

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)は、今からおよそ2年前になる2015年3月4日にリリース。国内の取引所では、最大手の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)やcoincheck(コインチェック)次いでサービスを開始しました。

Zaif(ザイフ)は、国内の他の取引所と比較すると独特なサービスを展開していて、取引所の中でも一際目立つ存在感があります。

Zaif(ザイフ)の運営会社はどんな会社?

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を運営している会社は、テックビューロ株式会社と言う会社です。

こちらの会社は、国内の仮想通貨取引所では珍しく大阪に本社を構えています。大体の仮想通貨取引所は東京に本社を構えていますから、大阪を地盤にしている点がユニークですね。

そんなテックビューロ株式会社では、仮想通貨取引所「Zaif」の運営だけでなく、仮想通貨を生み出すブロックチェーンと言う技術を活かしたシステム開発や、コンサルティングの事業も展開しています。

Zaif(ザイフ)の魅力について

実際にZaif(ザイフ)を利用するとして、ユーザーにとってはどのような魅力があるのでしょうか。

Zaif(ザイフ)の魅力について紹介しましょう。

Zaif(ザイフ)の魅力・その1 手数料が安くて得しちゃう

Zaif(ザイフ)の魅力は、何と言っても手数料がめちゃめちゃ安い事です。

国内の取引所ではビットコイン(BTC)の取引手数料が史上初のマイナス手数料になっていて、頻繁に仮想通貨の取引をやったらやった分だけ、手数料分が取引口座に返ってきちゃいます。

これ、もはや手数料が安いってレベルではなく、逆にユーザーが得する手数料じゃねえか!

しかもZaif(ザイフ)では、スプレット手数料もcoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)と比べるとめちゃ安なので、取引コストを抑えたいならZaifが一番オススメです。

Zaif(ザイフ)の魅力・その2 毎月コツコツとビットコイン(BTC)が買える

Zaif(ザイフ)のもう一つの魅力は、毎月定期的にビットコイン(BTC)を買うZaifコイン積立と言うサービスが利用できる事です。

Zaifコイン積立とは、毎月ビットコイン(BTC)を購入する為の一定金額を銀行口座から引き落とし、その引き落とした金額でビットコイン(BTC)を購入するサービスです。

特にこのサービスの凄い所は、ドル・コスト平均法に基づいて自動的にビットコイン(BTC)を購入する点。

ビットコイン(BTC)は価格が上下に乱高下しながら動く傾向が強いので、初心者が手を出しても高値掴みしてしまう可能性があります。しかしドル・コスト平均法での購入なら、価格が高い時は購入の量を少なくし、価格が安い時に購入の量を多くしますので、損失のリスクを最小限に抑えてくれるんですね。

心臓をバクバクさせず安心してビットコイン(BTC)取引を行いたいなら、Zaifのコイン積立を利用するのは一つの手段とアリです。

Zaif(ザイフ)のデメリットとは

Zaif(ザイフ)の魅力を紹介してきましたが、Zaif(ザイフ)を利用する上で何かデメリットがあるのかも知りたいですよね。

Zaif(ザイフ)を利用する上で、頭に入れておきたいデメリットについてに紹介しましょう。

Zaif(ザイフ)のデメリット・その1 サーバーが重くなる傾向がある

Zaif(ザイフ)のデメリットでは、取引のサーバーが重くなる傾向がある事です。

特に価格の急騰や暴落が発生すると、Zaif(ザイフ)の取引サーバーが重くなり、取引に時間が掛かって買おうと思った価格で買えなかったり、売ろうと思った価格で売れなかったりする可能性があります。

更にもっと酷い状況になると、サーバーがダウンして取引自体が全く出来ない場合もあり、ビットコイン(BTC)が爆上げして「良し、ここで売ろう!」と思っても売れなかったりする場合があるんですよ。

こうなってしまったらサーバー直ってくれ!と祈るしかありません。最近では、一部でZaif(ザイフ)のサーバーが強化されたとの声もあり、多少マシになっている模様です。

Zaif(ザイフ)を利用するなら、サーバーが弱いことを頭に入れておきましょう。

Zaif(ザイフ)のデメリット・その2 アプリが使いづらい

Zaif(ザイフ)のもう一つのデメリットでは、Zaif(ザイフ)のスマホアプリが使い辛い点があります。

Zaif(ザイフ)のスマホアプリのトップページは、下記のような画面になっています。


何じゃこりゃ!画面がわかりづれえなw 

Zaif(ザイフ)のスマホアプリは、上記の画像みたいに初心者にはわかり辛い操作性になっています。

なので、もしスマホで仮想通貨の取引を行いたいなら、スマホのブラウザからZaif(ザイフ)のホームページにアクセスしログインすれば取引が行えるので、そちらの利用法も併せて使うことをオススメします!

おわり・Zaif(ザイフ)は使いやすい取引所

Zaif(ザイフ)は仮想通貨の取引に掛かるコストを安くしたい、安心してコツコツと仮想通貨取引を行いたいならピッタリの取引所です。

Zaifはサーバーが弱いと言うデメリットもありますが、最近はサーバーのスペックが改善されたとの情報もあり、デメリットが徐々に改善される兆しがあります。

もしも仮想通貨取引に興味があるなら、一度Zaif(ザイフ)で口座開設の検討をしてみてはいかがでしょうか。

手数料が安い取引所で仮想通貨取引をしたい、可能な限りビットコイン(BTC)取引のリスクを低くしたいならZaif(ザイフ)がおすすめ!


仮想通貨を始めるならZaif(ザイフ)!

シェアする

フォローする

コメント

  1. マッキー  より:

    たろさん ごきげんよう。
    Zaifという取引所があるんですね。
    手数料が安かったり、ビットコインが毎月もらえたり、魅力的ですね。
    さらにデメリットも解消されることを願うばかりです。
    素敵な情報をありがとうございます。

    • たろ たろ より:

      マッキーさん

      こんばんは!
      Zaif(ザイフ)は手数料が世界で最安レべルですので、仮想通貨の取引コスト
      を安く抑えたいならお得な取引所です。

      ただ、サーバーがダウンして取引出来ない機会が割とあったり、口座開設の
      手続きに2週間以上も時間が掛かるデメリットがありますので、それらのデメ
      リットが解消出来れば凄く良い取引所だと思います!


ページトップへもどる