大阪に移住してわかった、大阪人は強くて自分はやっぱり弱い人間だと悟った理由

どうもこんにちは、大阪に移住して結構慣れてきましたが、まだまだエセ大阪人のたろです。

大阪は強い人間同士が集まる街です。街を歩いている人達は、体格がデカくて如何にも強い風貌の人で溢れています。

もちろん普通の人やオタクっぽい人、オシャレな人、サラリーマン風の人もいっぱいいますが、それでも「強い人間」の人を多く見かけてしまいます。

東京だったら池袋・新宿・渋谷の繁華街や隅田川以東の下町でそれなりに「強い人間」を見かけますが、大阪の街は全体的にどこ行っても強い人間を見かけます。

今回はそんな強い人間同士が集積してる街で、自分はやっぱり弱い人間だと悟ったお話をご紹介します。

関連記事:大阪人とはどのようにして付き合えば上手く行くのか

強い人間が集結してる街・大阪

大阪は強面で体格がめちゃデカイ強い人間がいっぱいいます。大阪の街中にいたら、5回以上そういった人に遭遇します。

もし歩いていて前を良く見ずに歩いて、その人達にぶつかったり足を踏んでしまったらとんでもないことになるでしょう。

もうね、下手したらストリートファイトが始まってしまいますよ。因縁をつけられて骨の髄までしゃぶり尽されてしまい、干からびた人間になってしまいます。

大阪は漫画・北斗の拳みたいな恐ろしいくらい荒れた雰囲気ではないですが、街の住人は北斗の拳に準じる「強い人達」で闊歩しています。

そもそも昔の自分なら大阪に住むとは思ってなかった

今でこそ大阪で普通に暮らしていますが、10年前くらいの僕ならまず「大阪に住んでみよう」とか思わなかったです。

ってか、東京から離れたくないって言う思いの方がかなり強かったですね。

移住する前は、僕の中で大阪に対して怖いイメージがありました。ニュースで結構大阪の犯罪ニュースを目にするし、大阪のおばちゃんって言う強烈な人達が溢れてそうだし、阪神が優勝したら道頓堀川にダイブしたり、カーネル・サンダースの人形が投げ込まれるし、もうめちゃめちゃカオスな街なんだろうなと言う印象が強かったんですね。

だから、日本だけどあっちは外国みたいな目で見ていましたよ。(大阪の人、すんません)

それで5年前くらいに初めて大阪を訪れる機会がありましたけど、その時なんか大阪の怖いイメージに囚われて、事前に大阪の治安状況と防犯について必死に調べてました。

もうあの頃の僕の大阪に行くって感覚は、ヨハネスブルグに行ってくる感覚とほぼ一緒です。

そんな自分が大阪に移住したのは強い人間になりたかったから

そもそも「そんなに怖がってたのに何で大阪に移住したんだ?」と気になる人がいるかもしれません。

実は僕が大阪に移住した理由は、大阪で暮らしたら強い人間になれるんじゃないか?と言うアホな理由からきてます。

「えっ、マジで言ってるのか?」と思った方、マジですよ。アラサーの年頃のくせしてめちゃめちゃ軽いノリで来ました。今はちょっぴり反省してるぜ!

もちろん、案の定ただ住んでるだけでは強い人間なんかなれるはずもありません。筋トレとかをして外見上でも内面のメンタルでも鍛えなければ、強い人間にはなれません。

それをわかった上で、大阪と言う環境の中にいれば内面のメンタルが少しは鍛えられるのかなと思ったんですよね。大阪って強烈な人多いイメージあるし、その中でボロ雑巾のようにしごかれたら鋼のメンタルを手に入られるんじゃね?と思った訳です。

ほら、環境が変わると人は変わるって言うじゃないですか、あの言葉に掛けちゃったんですよ、俺。

それ以外にも、気が合う知人がこっちの方では多くて付き合いが楽しかったので、いっそ住んでみるか!と言う理由もありましたがね。

強い人間になると気合を入れてもやっぱり自分は弱かった

最初の心意気だけはありましたが、いざ現実に直面すると「やっぱり俺、弱いわ」と悟りました。

せっかちで北斗の拳のような厳しい環境で育った大阪人に対し、どう足搔いても適いませんし、コミュニケーションすらまとめに取れない場面もありました。

人に因るかもしれませんが、基本的に大阪人は話のテンポがかなり速い。1秒で1個以上の情報を伝えるので、そのペースに乗れず話がワンテンポ遅れたりすると、何やねん今の間は!とツッコミまれてしまいます。

僕がちょっと考えて話す癖もついちゃってるので、その影響でだいぶ苦戦してます。なので、喋りがゆっくりな人や、考えて話すクセがついてる人は大阪に来ない方が良いよ!俺みたいに無駄な苦労しゃうぜ!

生粋の大阪人を目のあたりにして、話すのがトロい、動きも遅い、のほほんとしてる自分は弱い人間だなと再確認しました。

話が早い、動きも速い、常に性急、しかも厚かましい、それでいて毒舌も取り柄。ここまで強い要素を持ってたら、もう俺平伏すしかないっすよ。関東でのほほんとしてた俺、弱すぎるわ。

おわり・大阪人は人間の強さを持ってる

大阪人は強い人間に欠かせない武器を何個も持ってると言うことが、大阪に移住してわかりました。

ここまで武器を持ってることを知らずに、軽いノリと勢いで来てしまった俺、いやー本当にアホです。

それと同時に、東京一極集中が続きながらも大阪が依然として日本第二の都市のポジションで発展してる理由も見えました。

ここまで強い人間が集まってビジネスを動かせば、そりゃ都市として発展もします。

首都のポジションで、自動的に日本全国から強い人間を掻き集められるチート都市・東京とは都市の仕組みが全然違います。

だからこそ大阪は、既に強い人間を生み出す風土が醸成されていたんですね。その風土を活かせば自分も強くなれる気がしますが、如何せんその見込みはまだ立っていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マッキー より:

    たろさん こんばんは。
    私はずっと大阪在住なので、特に気付きませんでしたが、
    大阪人は強いんですね。
    たろさんもきっと気付いていないだけで、
    強くなってるはずです。
    自分が弱いといえるのは、強い証拠ですから。
    本当に弱い人は、対外的に弱いとは言えませんから。
    これからの記事も楽しみにしています。

    • たろ たろ より:

      マッキーさん

      コメントありがとうございます!

      移住する前はずっと関東で暮らしてきましたが、大阪の人
      は強いと思います。話のテンポの早さ、ツッコミの上手さ、ハッキリ
      物を言う所とかを見ると、凄く強い人に見えてきます。

      自分は全然弱いなと思うのですが、他人から見ると強い奴と思われて
      るんでしょうかね。いつも自分の弱い部分が目につく毎日です。

      ありがとうございます。これからの記事もお楽しみください!

  2. ごんたママ より:

    こんばんは!
    ごんたママです。
    たろさん、本当に強くなるために大阪移住されたんですね!
    確かに私も4年埼玉にいましたから、関東の人たちの気性と関西の人の気性は全然違うことはわかります。
    男の人なら特に「ぼく」。関東の男性は結構使いますよね?
    関西で「ぼく」というと「なに甘えとんねん!」となりますからね。
    本当に文化は違うと思います。
    いつもありがとうございます。

    • たろ たろ より:

      ごんたママさん

      コメントありがとうございます!
      傍から見たらアホな理由ですが、大阪で暮らしてたら精神的に
      強くなれそうな気がしたので移住しました。

      確かに関東の男の人は、一人称で「僕」を良く使います。
      関西だと気取ってるように聞こえますよね。

      そもそも価値観の根底が関東はカッコ良さ、関西は
      男らしさ(強さ)にある気がします。


ページトップへもどる