東京と大阪ではどっちが暮らしやすいのか二大都市を比較してみた

どうも、以前は東京に住んでいて今は大阪に住んでいるブロガー、たろです。

東京と大阪、東西の二大都市として何かと比較されがちですが、どちらも日本の中では引けを取らないほどの大都会です。

東京は皆さんご存知の通り、日本全国から人が集まるほどの都会っぷりですが、大阪も中国・四国地方や九州・沖縄から人が集まる傾向があります。

そんな両都市は、実際に暮らすとなるとどっちが暮らしやすいのか。今回はどっちも住んだ経験があるたろが、自身の経験を基に東京と大阪の暮らしやすさをお伝えします。

東京と大阪、どっちも都会だけど人によって向き不向きあるぜ!

東京はスマートな都市

まず東京と大阪の決定的な違いは、その都市の特徴です。東京は何たってスマートで、全体的に綺麗で斬新さを強みにしています。

昔は汚い所も結構ありましたが、それらを全滅させるかのような勢いで一掃し、再開発をしまくっています。

その甲斐あって東京は綺麗な街に変貌してしまい、ディープさが20年前と比較するとかなり無くなってしまいました。

今ある汚い所でさえ、道や街並みが徐々にキレイになってしまい、全体的に街の個性が失いつつあります。

大阪はカオスな都市

反対に大阪は、東京のような綺麗な街がありつつ、今でも独特な街の個性を保っているディープさがあり、汚い所は少し減りましたが東京に比べたらまだまだあります。

大阪は東京と違って再開発をやるエリアが集中していて、全然昔の街並みが残っているところがこれでもかとあるんですよ。

もし東京の人が大阪を散策したら、20年前の東京にタイムスリップしたかのような感覚を受けるかもしれません。

それくらい大阪は綺麗な所とそうでない所の差が激しく、結構カオスな都市です。

また、東京と大阪では人の気質が正反対かと思うほど違うので、東京では馴染むけど大阪には馴染まない人、大阪では馴染むけど東京では馴染まない人が絶対に出てきます。

オシャレ好きなら東京はめちゃめちゃ住みやすい

東京はオシャレが好きな人には、天国な都市です。渋谷、代官山、表参道、原宿、青山周辺はオシャレなカフェや人気のスイーツ店が集結していて、街を歩く人の1/3くらいは個性的な服装をしています。

しかもその個性的服装は、普通の街や住宅街で歩いていたら奇特な目で見られ、下手したら警察に通報されるような奇抜な恰好ですよ。

このエリアではそんな恰好で歩けるので、自分のオシャレの感性を極限まで磨きたい人には東京が一番です。

もちろん大阪も、心斎橋や堀江周辺でオシャレ過ぎる恰好で歩くことも出来ますが、東京と比較したら圧倒的に歩けるエリアが限られてます。

しかもそういった最先端のオシャレを追及する「ファッショニスタ」は、東京が一番人が多いですし、どう見ても洗練されてるんですよね。

実は内向型の人も東京は住みやすい

また内向型の人も東京の方が住みやすいです。東京に住んでる人は、良くも悪くも他人に無関心を装います。

本心はめちゃ気になる他人がいても、その人の前では黙ったままでいます。だから通りすがりの人から何か言われることもありません。

もちろん大阪も内向型人間は数多くいますが、街を歩いていて気になる人がいたら、本人が聞こえる所でぽろっと言う人がそれなりにいるんですよね。

「今通りすがった人、めちゃ顎長いな」「シッー!聞こえるから止めなさい!」これを大声で言う人がいるので、小心者が大阪で歩くとストレスが溜まりまくります。

気が短い人は大阪が住みやすい

大阪は気が短い人には天国な都市です。何たって「大阪の人はせっかち」なイメージがある通り、気が短い人がそれなりにいます。東京と比較したら、大阪の方が多いのは間違いありません。

特に歩行者は、赤信号でも車が来ていなければ渡る人がちらほらいます。更に自転車なんて信号関係なく自由に走行してます。

全然車が通らないのに、律儀に赤信号を待っててそれがストレスに感じてしまう人なら、大阪はそんなに信号を守んなくて良いから快適!と思うことでしょう。

また我慢や遠慮をあまりしない人も多いので、仕事でもプライベートでも言いたい事があれば、バンバン直球で言える環境があります。

変に気を使うのが苦手な人なら、自由に発言するのが許されやすい大阪の方が住みやすいです。

大阪が大好きな人なら大阪は暮らしやすい

その他に阪神タイガースが好きだったり、吉本新喜劇が好きでたまんない、USJにも行きまくりたいと言った大阪がとことん好きな人なら、大阪の方が暮らしやすいのは間違いありません。

これらは当たり前のことですが、大阪が好きでたまんない人には大阪の人は温かく迎えてくれる傾向があります。

特に同郷の人なんか、同じ仲間みたいな感覚を持っています。

だから大阪出身の人は、大阪が一番暮らしやすいと感じて、人一倍誇りを持つようになるんですね。ここが東京の人との決定的な違いだったりします。

オタクを極めたい人なら東京が良い

オタクな趣味を持ってる人なら、東京の方が確実に暮らしやすいです。

東京は秋葉原を筆頭にオタクな街が数多くあります。アニメショップは日本全国にありますが、その中でも集積率が高いのがやっぱり東京です。

フィギュア専門店や、コスプレ専門店、BLコミックやアニメの音楽CD専門店と、コアなオタクを狙ったお店がめちゃめちゃあります。更に男のオタクだけだでなく、オタク女子が集う「乙女ロード」と言う場所が東京の池袋にあります。

そこは男のオタクが入ることは少なく、女性でも安心して入れるお店ばかりなので、腐女子の聖地と言われる程オタク女子にとって最高なエリアです。東京は男女どちらのオタクでも楽しめる街があるんですね。

しかも東京は、オタク向けのイベントも圧倒的に多いです。世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット」は東京でしかやっていませんし、ニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」は東京でしか行われません。

もちろん大阪にも日本橋と言うオタクが集う街があって、こちらは男性向けと女性向け、双方のオタクショップが集結しています。アニメイベントも大阪で逐一行われていますが、東京に匹敵するほど充実してる訳ではないです。

オタクを極めたい人なら東京が圧倒的に楽しめるのは間違いない!

自然を楽しみたいなら大阪が良い


大阪は都会でありながら、すぐ近くに自然があります。大阪は平野が狭くて山が近いので、大阪市内から約1時間程度で様々な山をハイキングすることが出来るんですよ。

二上山、金剛山、生駒山、五月山、これらの山に気軽にぷらっと行けて、バーベキューを楽しむことも可能です。

東京だったら高尾山が気軽に行ける山になりますが、その他に行ける山となったら御岳山、丹沢になります。

しかしこれらの山は東京からだと2時間近く掛かってしまうので、ぷらっと行ける距離ではないんですね。

大阪と違って東京は広大な関東平野にあるので、山に向かうとしたらそれなりに距離があり、どうやっても時間が掛かってしまいます。

自然が直ぐ近くにないのは、東京のデメリットと言って良いです。

おわり・東京と大阪は都会だけどどちらも向き不向きがある

東京と大阪は都会でありながら、全てのジャンルの人に合う訳ではなく、人によって向き不向きがある都市です。

オシャレを楽しみたいなら東京が一番だし、安く美味しい食事をしたいなら大阪が一番です。オタクとして生きたいなら東京がベストだし、休日はぷらっと自然を満喫したいなら大阪が一番良いです。

あと銭湯が好きな人だったら、東京が一番楽しめます。東京はめちゃくちゃ銭湯の数が多いのもありますが、昔ながらの銭湯だけでなく、銭湯を改装してリニューアルした新しい銭湯もいっぱいあります。もうね、銭湯マニアにはたまんないっすよ。

もちろん大阪でも銭湯は多くありますけど、改装してリニューアルした新しい銭湯が少なく、東京に比べるといまいちな感じになってしまいます。

また仏閣巡りが好きな人なら、神社と寺が豊富な京都と奈良に近い距離にある大阪の方が一番良いです。関西は歴史ある聖地の宝庫なので、東京にいたら寺や神社が少なくて物足りなさを感じてしまいます。

このように東京と大阪では、人によって暮らしやすさが大分変わってきます。自分の趣味や価値観によって、両都市での暮らしやすさにかなりの影響が出てしまうのは間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごんたママ より:

    おはようございます!
    ごんたママです。
    埼玉県に4年間住んでいたので、関東の文化、大阪などの関西の文化とまったく違うことがよくわかります。
    人の気性も違いますものね。
    いつもありがとうございます。

    • たろ たろ より:

      ごんたママさん

      いつもコメントして下さりありがとうございます!

      ご指摘の通り関東と大阪だと別の国かと思うくらい違うので、合う人
      合わない人がどうしても出てきます。

      住むなら自分に合う土地や、能力を発揮できる土地が一番ですね。
      移住してそれを実感しました。


ページトップへもどる