大阪で月6万円で自由に生活できる方法

こんにちは。可能な限りミニマム生活に取り組んでいる、たろです。大阪はミニマリストにとって天国な環境が整っています。

月の家賃が3万以下の賃貸物件がゴロゴロあり、おまけに安いスーパーが近所にちらほらあって、コスパを追及したい人にとって最高なプラットフォームがあります。

まず大阪で月6万で生活出来ると聞いたら、耳を疑う人がいるかもしれません。

「えっ、大阪って東京の次ぎに物価が高いんじゃないの?」「大阪は関西の中では物価高いし、そんなん無理でしょ」何て事はありません、やろうと思えば月6万で生活出来ますから!

関連記事:大阪に引越すなら大阪市の都心6区がオススメな理由

ミニマリストに優しい街・大阪

大阪はミニマリストに優しい街です。家賃3万以下の物件が大阪市内では数多くあり、それだけでなく破格の安さで売っているスーパーもあるので、結構低コストで生活できるようになっています。

しかも大阪市内で余程の外れの所に住まない限り、自転車を使えばすぐに梅田や難波等の繁華街に行けます。

大阪は電車やバスを一切使うことなく、自転車さえあれば移動に不自由しないと言う究極の街なんです。

もしこれが東京だった場合、きつい坂が山手線の東側から西側に掛けてあるので、自転車の移動がめちゃくちゃ不便です。

対して大阪は、一部を除いてほとんど平地なので、自転車でスムーズな移動が可能。

大阪なら満員電車から解放された快適な移動が可能です。

家賃3万以下の物件が大量にある大阪

大阪は家賃3万以下で住める破格の安さの賃貸物件が大量にあります。

大手住宅情報サイト「ライフルホームズ」さんでは、家賃・賃料3万円以下の物件特集のページがあり、そのページでの大阪の物件の豊富さが眼から鱗でした。

何と大阪市だけで3307件の物件が出てきます!こんだけあると、必死に探せば良い物件に巡り合えそうなレベルです。

この物件特集ページでは、管理費を含めたら3万を超えてしまう物件も掲載されています。しかし、それでも半分以上の物件は管理費込みで3万以下に収まります。

因みに、東京23区では520件、名古屋市では1266件でした。こうやって比較してみると、大阪は安い物件が大量にあることがわかります。

大阪市内では都島区・旭区・城東区・鶴見区のエリアがミニマリストにおススメ

大阪市内でミニマリストに推したいエリアは、都島区・旭区・城東区・鶴見区の北東エリアです。

これらのエリアは、大阪市内の中では治安が比較的マシで、不審者がウロウロしてることはそんなにありません。

また閑静な住宅街があるので、特に大阪市内の南部の区と比較したら、大阪特有のディープさは薄まっています。

更に大阪キタの中心地・梅田等の繁華街にも近く、自転車で30分以内で梅田へアクセス出来ます。

但し、難波には自転車だと40分程度掛かってしまうので、大阪ミナミのアクセスは若干不便です。

このエリアは、家賃3万以下で住める物件が数多くあるので、大阪のミニマリストにはおススメのエリアです。

スーパーの安さが破格すぎる

大阪市内のスーパーは破格の値段で提供してる店が多く、特におつとめ品等の安さが半端ありません。

お惣菜の唐揚げ(4個入)が本体価格75円で売っていたり、鍋焼きうどんが本体価格68円、108円の菓子パンが半額で売られてたりと、至れり尽くせりの安さです。

大阪で一番安いスーパーと言ったらスーパー玉出が有名ですが、安いのは玉出だけではありません。

関西スーパー、万代、マルハチ、サンディ等、安いスーパーは玉出以外にもあって、ミニマリストにとってスーパーの選択肢が数多くあります。

電気代やガス代も安い

安いのはスーパーだけに留まりません。ワンルームの部屋なら電気代やガス代も安く、電気代は真夏や真冬の時期を除けば1000円くらいで収まります。

勿論暑いからor寒いからでエアコンを使っていても、電気も無駄に食わせない使い方をしていれば月3000円くらいで収まる事も出来ます。

家の中に長時間いるなら、エアコンを頻繁に点けたり消したりするよりは、ずっーとエアコンを点けてた方が得です。

ちょっとコンビニへ買い物に行く場合でも、30分後に家へ戻るならエアコンを点けっぱなしにした方が電気を食いません。

エアコンは起動する時が一番電力を消費するので、その特性を活かした使い方をすれば、5000円以上も電気代が掛かることはないです。

その他にガス代は、普通に1日3食ガスを使って毎日シャワーを使用していても、上の写真のように1000円程度で収まります。

水道代は、ほとんどのワンルーム物件が定額制になっていて、月額2000円です。毎日洗濯機を使用していても、特に大家さんから言われることもありません。

特定の時期を除けば、電気・ガス・水道代は合計4000円で収まります。

おわり・やろうと思えば大阪で月6万円で自由に生活できる

大阪では毎月の生活費として月15万円程度が一般的に必要とされていますが、本気でやろうと思えば月6万円で生活できます。

以下は、月6万円の生活費の内訳です。

家賃(共益費込):25000円

水道代:2000円

ガス代:1000円

電気代:1000円

通信費:8500円

食費15000円

日用品:1000円

交際費:5000円

固定費    変動費    合計
37500円  21000円  58500円

何と6万で生活する事は十分に可能です。上記金額に健康保険や年金、住民税を加えれば約8万強です。更に医療費等も考えた場合、10万円あれば十分賄うことが出来ます。

因みに通信費は、モバイルWiFiや格安SIMのスマートフォンに変更したら月5000円程度に抑えることも可能です。また家賃も2万円以下の物件に住んでいたら、更に生活費はグッと下がります。

本気で取り組めば大阪で最小のコストで住める。大阪はミニマリスト向けにパラダイスな環境が出来上がっていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たままる より:

    こんにちは。
    リアルな6万円生活の御指南、興味深く読みました。
    私も大阪に住んでいたころ(淀川区)、梅田はもちろん、難波あたりもチャリで余裕だったのを覚えています。
    その後、生野区に引っ越し、繁華街に出て行くのに、上町台地がややチャリで大変だった覚えがありますが、大阪はアップダウンって、そのくらいですものね。
    これからも関西のリアルな姿の発信を楽しみにしています!

    • たろ たろ より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      大阪市内は自転車でスイスイ移動できて、電車よりも早く
      着くことが多いので、もう電車を使わなくなりました。

      確かに上町台地は結構キツイ坂があって、自転車ではあまり
      通らないようにしてますね笑

      ありがとうございます。また気軽に遊びに来て下さい!


ページトップへもどる