ブログ書くなら移住をテーマにするのは絶対オススメしない

どうも移住をテーマにしてるブロガー・たろです。ブログを書き始めてもう3ヶ月過ぎてしまいましたが、一つ重大なことに気付いたことがあります。



それは、移住をテーマにしたブログはアクセスが増えない!と言うことです。



移住をテーマにしたブログは、初めの取っ掛かりとして書きやすいから手を出してしまいがち。



何故なら移住してしばらくは非日常の出来事ばかりですから、それだけで記事が30記事分くらいは書けてしまいます。



しかーーし、ブログを見てくれる人が増えるかと言うと、それは非常に怪しい。



まず、ブログを見ようとしても移住系のブログはあんまり見ないですよね。だって、移住を考えてる人以外は興味ないですもん、移住ブログって。



そんな興味ない人が大半なのに、無駄に移住の記事を書いても自己満足するだけで終わってしまいます。



誰も見ないのに移住の記事を書いてるんだったら、それこそチラシの裏にでも日記として書いとけ!って言われても仕方がありません。



これからブログをやろうかと考えてる人は、絶対に移住をテーマにしたブログにしないことをオススメします。



移住ブログはPVが増えません!ゼッタイ!


関連記事:2回目のチャレンジでGoogleアドセンスの審査をクリアした話

ブログのアクセスが増えるのは読む人の役に立つから増える。


ブログのアクセス数が増えるのは、読む人の役に立ってるから増えます。



例えば、ブログのアクセスを増やすノウハウを中心にした記事だったら、ブログを始めた人やブログのアクセス数に悩んでる人の役に立つので、次第にアクセスは増えていきます。



ブログノウハウが詰まった記事が多いブログなら、ターゲットのボリュームゾーン自体が広いですから、多くの人の役に立ちます。



そう言う多くの人の役に立つブログは、人気ブログになれるチャンスが高いので、ブログを充実させれば努力は報われやすいです。

移住ブログは誰の役に立つ?


でも、移住ブログだと移住を検討してる、移住した直後の人なら役に立ちますが、そのターゲット層は限りなく狭くニッチな人にしか受けません。



このブログも関西移住をテーマにしてますが、関西ですら移住に興味を持ってる人はそんなにいません。



そもそも移住を考えたことが無い人が大半ですから、移住の記事を充実化させても意味がないんです。



だから移住ブログは、マーケティングのセンスが無い人が売れない商品を売ろうと無駄に努力してる致命的なものです。

移住ブログはただの日記。1年頑張って取り組んでもアクセスが増えない寂しいブログになる


移住ブログは、自分用の日記を世界にただ公開してるだけです。読む人だったら他人の日記を読んでも面白いとは思わないし、そもそも見ようともしません。



もう公開してる地点で、自分のブログは読む価値無いですよ~と宣言しちゃってます。



そんな移住ブログを1年や2年頑張って運営しても、そのブログのアクセスが増えることは少ないし、そもそもアクセスが増えないからモチベーションも続かないです。



だから気付いたらブログから足を洗って、ブログは駄目だ!と嘆きまくる冴えないおっさんになってますよ。



僕も、一向にアクセスが増えないこのブログに、何度も心が折れそうになりました。たぶん30回以上はため息ついて辞めるor続けるの決断をしていましたね。



だからこそ余計な遠回りをしない為にも、ブログテーマは移住にしないことをオススメします。

おわり・イケダハヤト氏のブログは移住ブログじゃない


もしここまで書いても、移住ブログでは人気ブロガーのイケダハヤトさんがいるじゃん!と突っ込む人がいるとしたら、まずはイケダハヤト氏のブログを良く読めと返しをするでしょう。



イケダハヤトさんのブログは、そもそも移住先の高知に関すること全然書いてないからね?



資産運用や仮想通貨などでお金を増やす方法や、ネットでお金を稼ぐノウハウをまとめた記事ばっかりなので、めちゃくちゃニーズがありそうなターゲットに向けて記事を書いています。



そもそも、「まだ東京で消耗してるの?」のブログは、東京から高知の移住がテーマじゃなくて、社畜(サラリーマン)から自営業への転身をテーマにしてますから!



高知に関する記事が圧倒的に少ないのを見ると、移住系の記事はアクセスが良くないことをイケダハヤト氏が認めちゃってるんですよね。



第二のイケダハヤト狙いでブログやったら、しんどくなってドロップアウトするよ!絶対止めとけ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる