賃貸を短期解約する時に発生する違約金を減らす方法

 
礼金・敷金が0円だったり、フリーレントが付いてて1ヶ月分の賃料がタダだったりする物件ってありますよね。これらの物件って入居者が中々入ってくれない部屋が多く、空室のままにして機会ロスになるくならいなら、初期費用を下げてでも何とか入居者を確保しよう!って魂胆でやってるのがほとんどです。

 
 
しかし、このような物件にはからくりがあります。それは何かと言うと、2年若しくは1年未満に解約した場合、短期解約違約金を支払うように設定されてる事です。

 
 
つまり初期費用はサービスするから、2年か1年はその部屋に住んでね!もし2年以内に解約したら違約金払ってる貰うから!って事なんですね。もうこれは、システムが携帯電話の2年縛りと一緒です。

 
 
2年いようと思ってもまた次の転勤が決まったり、何らかの事情で2年以内に引っ越さなきゃいけないことってあると思うんです。その場合、少しでも安く退去費用を抑えておきたいですよね。今回はこの短期解約違約金についてお話しします。

 
 
関連記事:【必見】無職でも部屋は借りれる!無職の部屋の探し方

 

短期解約違約金は大家側のリスクヘッジで設定されている

 
賃貸物件の違約金は、2年間入居者が入ってくれるだろうと思ってたのに途中で入居者が出ていった時など、空いた分の収入を補てんする為に設定されてます。大家さんの為にリスクヘッジするシステムです。

 
 
賃貸物件は、空き部屋が発生したらハウスクリーニングをしなければならないので、業者代が掛かりますし別にリフォーム代も掛かったりします。更に不動産屋さんへ広告を出したら、広告料を払わなければなりません。そんだけお金が掛かるもんですから、出来るだけ空き部屋を出したくない気持ちはわかります。

 
 
大家さんにとって収入が減るばかりか、更に出費が掛かってしまうんですから。それなら解約違約金を設定し、少しでも多くの入居者を繋ぎ止めようとするのは自然の事です。この解約金のシステムは、大家さんの厳しい懐事情を反映しています。

 

短期解約違約金を減額する方法はあるのか

 
そうは言っても転居が決まったらあまりお金は払いたくないですよね。ただでさえ、新しい部屋の初期費用や引越し費用を払わなければならないのに、他に解約金まで払ってるとかなりの出費になります。

 
 
しかも部屋を汚したり床に穴が出来てしまったら、その分の原状回復費用も請求されますから、給料の2~3ヶ月分が飛んでしまうことにもなりかねません。

 
 
もし解約金を減額出来たら、それだけでもお財布には優しくなります。ケースバイケースの話になりますが、解約金を減額できる方法はあります。





 

正当な理由の転居なら解約金を減額できる可能性がある

 
本当は転居したくないけど、転居しなきゃどうしようもないような正当な理由があれば解約金を減額できる可能性があります。これは僕の経験談なんですが、以前短期解約違約金が3ヶ月分掛かる物件を借りていた事があり、本当は1年くらい住んでる予定でいました。しかし、入居して壁が薄いことが判明し、入居した物件は音が筒抜けの部屋でした。

 
 
音が聞こえるくらいならまだ良いのですが、隣の部屋に住んでる人が深夜に帰ってきてずっーと音楽を大音量で流すわ、携帯で喋ってるのか知りませんが2時間くらい大声が聞こえて煩く非常に寝辛い部屋でした。

 
 
おまけに朝になっても喋り声が聞こえることもあって、この人寝てる時あんの?ある意味溢れるエネルギーがあって逞しいなあと関心したりもしました。ただそれでも、深夜の煩い騒音です。あまりの酷さに一時期睡眠不足になりました。

 
 
そして、何回か管理会社に頼み注意して貰っても一向に収まる気配がないので、耐えきれず新しい部屋を決めて引越する事を決意。僕の場合短期解約に当たるので、違約金を3ヶ月分払わなければなりません。

 
 
正直めちゃくちゃ納得いきませんでしたよ。

 
 
近隣の迷惑になるような騒音を出してはいけないって契約書にきっちり書いてあるのに、それを順守しない人のせいで生活に支障が出てるんですもん。それで引越すのに、解約金を規定通り払えってふざけとんのかと思いました。もう全然納得出来ないので大家と交渉し、解約金を3ヶ月分から1ヶ月分に減額して貰いました。2ヶ月分浮いたのはデカいです。

 

大家に対しては超強気でなくこちらが遜る形で交渉する

 
全てのケースで減額できるとは限りませんが、交渉次第で解約金を減らすことは可能です。交渉する際は、大家さんか若しくは管理会社との交渉になりますが、どちらが相手であっても「何で解約金払わなアカンねん!まけろやゴルァ!」みたいな超強気で言ったら、事態は悪化します。

 
 
あくまでも自分がへりくだる形で、「もっとこの部屋に住みたかったんですけど、こう言う理由があって解約せざるを得ないんです。解約金は、何とか1ヶ月分にして貰えませんかね?」と大家さんにお願いする姿勢で行った方が良いです。騒音や部屋に害虫が大量発生して困ってる、生活に不便が生じてる理由なら解約金を減らせるケースはあります。

 

おわりに・交渉すれば損を減らせる

 
交渉すれば解約金は減らせます。もちろん厳しい大家さん(不動産会社)だったら全く譲歩してくれないこともあるでしょう。しかしだからと言って、交渉さえしないのは勿体ないことです。

 
 
入居者の中には、退去時に逃げ出して解約金を払わなかった人が普通にいます。それくらい解約金というシステムは、入居者への信用がめちゃ掛かってます。払ってくれるだけでも御の字だったりするんですね。

 
 
だからこそ、交渉してみたら減額出来る余地があるのがわかったりします。

 
 
何もやらず規定通り解約金を払うよりは、まずやってみましょう。あと不動産関係はクレームや交渉に手慣れてる業界ですから、超強気の人間に対しては超強気で対応します。相手が譲歩する姿勢を見せなくなるので、くれぐれも下手で行く事を忘れないようにして下さい。お互いがwin-winになるような交渉をすれば、損は減らせます。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です