移住する前に現地の下見をした方が良い理由

最近、どこかに移住した人のブログを読ませて頂いてると、あんまり上手く行ってない感じの記事が多くなってる気がします。



特に現地に溶け込めなかったり、新しい部屋が予想よりも住み心地が悪かったり、仕事が決まらずにお金がピンチになった!などの記事が、最新記事で目につきます。



そして移住した直後の記事は、新しい生活が楽しみでワクワクする、空気が新鮮で移住して良かった!とポジティブな記事を目にするんですよね。これらのブログに共通して言えるのは、情報の不足と計画性が足りない印象が強いことです。



つまり、移住後の生活費や現地の生活水準、求人件数の数、治安事情、部屋探しの仕方など、現地の情報をある程度収集したり、移住計画を詰めていたようには見えないんですよね。



とりあえず移住してみっか!と半ば勢いで移住をしたような感じ。このような移住の仕方だと、途中で挫折する可能性が高いです。今回は途中で折れない移住をする為に、移住前の現地の下見についてお話しします。



関連記事:移住先の仕事探し~内定を取る方法~

まず行動するのは大事だけど少しは情報収集しよう


移住は物凄くエネルギーを消費します。行動力がないとまず出来ません。ですから、まず行動するのはめちゃめちゃ大事なんですけど、ただ行動するだけでは上手く行きません。移住先での生活をスムーズにいかせるよう、ある程度の情報収集をすることが必要になってきます。



仕事でも買い物でも日頃の家事でもそうだと思うのですが、情報を手に入れて上手くいったことって結構あると思うんですよね。



例えば会社の就職試験を突破したかったら、履歴書の書き方、面接のやり方の情報を探しますよね。買い物だったら、暑いから扇風機を買おうと思った時とか、欲しい扇風機の値段や性能、使ってる人の口コミなどを価格comで見たりしますよね。



だいたい何か行動する時って、アホな失敗しないようにまず色んな情報を見ます。



だって、その方が得する確率が高いと知ってるから。これは移住でも一緒です。何も情報を集めまくれとは言いませんが、途中で挫折しないように最低限の情報は仕入れとく必要があります。そうすれば、移住した後の混乱が少なくなりますからね。

移住する前に下見をおススメする理由


可能なら移住する前に下見をやっておくのをオススメします。下見をしておけば、イメージと実際住んでからのギャップが減らせます。もし下見をして自分に合いそうにないなら、他のエリアを検討することも出来ます。



僕の場合、移住する前に3泊4日で現地を下見し、部屋の内見でチェックポイントを確認したり、個人的に良いなと思った物件で最寄りのスーパー、ドラッグストアを調べたり、現地の雰囲気がどんな感じか自分の五感を使って歩いたりしました。今支障なく生活が出来るようになったのも、下見をしたからこそです。



ネット上の情報と併せて現地で調べた情報も集めたので、移住後の生活が想定しやすくなりました。物価がどれくらいか、夜は普通に帰れるか、暮らすには静かな環境かは、実際に時間を使って行ってみないとわからない事です。



下見がない移住は、ぶっつけ本番で会社の面接に行くようなもんです。

下見をする上で大事なポイントは現地のスーパーを見ること


部屋の内見は隈なくチェックするのに、物件の周辺まではチェックしない人が意外に多いです。部屋だけでなく、実際に生活する上で周辺の環境をチェックするのも大切です。



周辺の環境で、自分に合う合わないがわかってきます。一番のポイントになるのは、周辺のスーパーです。スーパーを見学すれば、ある程度の物価がわかります。物価がわかれば、一カ月の食費がどんくらい掛かるか予想がつきやすくなります。



そして、スーパーに来る客層はだいたいが地元の人です。客層を観察したら、その地元はどんな人が住んでるかおおよそわかります。強面のオジサンがちらほらいたり、ヤンチャ系夫婦が結構いたりすれば、そこの地区は足立区ぽいと容易に想像出来ますから、治安があんまり良くないかもと推測することも出来ます。



スーパーは現地の情報が詰まったgoogleみたいなもんですから、行かない手はないですよ。

おわり・下見をすれば移住で挫折しない


移住は自分の好きな土地、住みたい土地に引っ越すことです。移住で勘違いしてはいけないのは、無理して馴染むのではないってこと。無理するくらいだったら、初めから移住しない方が遥かにマシです。だからこそ下見がめちゃくちゃ重要なんです。



移住したいなーと思ってても、下見をして思ったのと何か違うと違和感に感じたら、移住を止めることが出来ます。移住は能動的な行為なんです、強制的に自分を追い込むような自爆行為ではありません。



下見したらただでさえ金掛かるだろーって突っ込まれるかもしれませんが、下見費用+引越費用+移住後の数か月分の生活費=移住費用と認識した方が良いですよ。そんくらい移住は金掛かりますから!



以上、下見をしない移住は失敗する移住で、下見をした移住は失敗しない移住の話でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる