京都はイメージがめちゃくちゃ良いらしいが実際はそうでもない件

特に関東人は、京都に対して結構良いイメージを持っている人が多いです。



「京都良いよね~」「観光地がいっぱいあるし、庭園や紅葉を見てるだけだ落ち着くから京都には憧れる~」などのように関東人から高い評価を受けています。



しかし、これが大阪になると「大阪は怖すぎる」「犯罪が多いから旅行に行ったら生きて帰ってこれない」などネガティブなイメージばかりになります。



それくらい外からのイメージがめちゃめちゃ良い京都。このイメージの良さは、東急沿線のイメージと通じるものがあります。(関東人なら通じるはず)


関連記事:大阪は冗談抜きで結構カオスなマッド・シティ その1

京都は確かに文化財が豊富だけど、意外に気候が過酷な土地


京都は文化遺産がたくさんあります。清水寺、平等院、東寺、金閣寺、銀閣寺など他にも色々ありますが日本有数の文化財が集積してる土地です。



何せ1000年以上も日本の都だった所ですから、京都人がめちゃめちゃ誇ってるところでもあります。



ですから、外から見ると確かに憧れてしまう要素があるんですよね。昔からの日本文化を大切にしてるので、関東では見れない昔の日本文化が造った街並みが魅力的に映るのでしょう。



だから単純に「あぁ京都良いなあ、羨ましい~!」と思ってしまう。



でも京都は盆地だから気候が過酷ですよ。夏クソ暑くて冬クソ寒いですから。

京都の気候は埼玉と変わらない


京都は、関東で例えたら埼玉とか群馬みたいな気候です。海から離れていますし、周りが山で囲まれてるので涼しい風が全然きません。



しかも暑い空気が溜まってしまうので夜でもクソ暑いです。



おまけに冬になったら雪が降りやすくなり、大阪では晴れてるのに京都では雪が降っていることがザラにあります。



そして海からの暖かい空気が来ないので、雪が降って地面が冷えまくってる状態がずっと続きます。これが、京都は夏暑くて冬も寒いと言われる理由です。



あれ、この気候って埼玉と一緒じゃね?そうなんです、実は実際の気温も京都と埼玉、あんまり変わりません!と言うか、冬の場合でも日によっては京都の方が気温低かったりします。



スマホの気温アプリを見たら目が点になりました。何で北にある埼玉の方が暖かいんだ!と何回か憤慨したことがありますよ。

街並みはキレイだけど、人は東京の人よりも冷たい気がする


京都は街並みが整ってるのでキレイです。古くからの家屋や寺が残りながらも、現代に上手く溶け込んでる感じの雰囲気なので、外から見れば憧れる風景ではあります。



歴史的景観を保持する為に、五重塔を超える高さ(60m以上)の建物は禁止してるので、東京みたいに浅草寺の裏から高層マンションがそびえ立ってる光景はありません。



ただ、こういった街並みの美しさは京都駅から北側に限った話ですけどね。。



「東京は人が冷たい」良く関西の人が口癖に言うこのセリフ。しかし京都の人の冷たさは、東京の人以上に冷たいです。

TVで京都人の冷たさが明らかにされる


この前ダウンタウンの浜ちゃんがレギュラー出演してる「ごぶごぶ」って言う、関西圏で放送してる番組があるんですが、その番組は関西の色んな街をぶらつくんですね。



その時は、T.M.Revolutionの西川さんがゲスト出演して一緒に京都の街をぶらついてた訳です。そして、オススメのとある駄菓子屋に入った訳ですが、店員のおばちゃんがめちゃめちゃ無愛想。



店に入って店員のおばちゃんが、「あんたら何してんの」「売るのは売りますけど」と露骨に嫌な顔。店から出たら西川さんがめちゃ愚痴をこぼしていました。



テレビで京都人の冷たさが明らかになりましたが、京都は一見さんにはかなり厳しい土地です。一見さんお断りのお店はこれでもかとありますし、外からの人に対しての壁の高さは京都タワー以上に高いですよ。



東京の場合、地方の各地から人が集まるのでどうしても人の距離が近くなりにくいですが、排他的な土地ではありません。



京都の冷たさは東京と違い、ウチが一番だ!と言う排他性から来てるので、その冷たさは想像以上に根深いです。

東京の人よりもマウンティングをする京都の人




この前のネットニュースで、「東京の人は住んでる場所で格付けする」と言う記事を見ましたが、これは京都の方がより一層激しいでしょう。まずどこに住んでるかで人を見ます。



京都の場合、京都御所周辺のエリアに住んでる人が一番ランクが高く、東京で例えたら港区・千代田区辺りに相当します。



京都府に住んでるけども京都市内には住んでない人は、同じ京都の人として認めません。



京都人の理論で言えば、京都市外の京都府は、“真の京都”ではないからです。そして、同じ京都市内でも戦後に京都市へ編入されたエリアがあり、そこのエリアも京都の人とは認めません。



京都のマウンティングは、歴史から辿って細かく格付けします。「五代に渡って京都に住んでないと京都人ではない」との言葉があるように、千年の都ならではの厳しいマウンティングがされているんです。



たった10年くらいで京都に住んでたって、京都人は外様扱いしますよ。京都のそれと比べたら、東京のマウンティングは生易しい部類です。

おわり・京都は外面だけは良く見えるところ


京都のネガキャンばかりになりましたが、京都で死にそうなくらい嫌な目に遭った訳ではありません。



ただ外からの良いイメージと中の黒さのギャップがあまりにも違うので、元関東人の立場から出来るだけ客観的に書いたらネガキャンみたいな感じになりました。(京都の人すんません)



京都は世界の人気都市ランキングで2年連続1位を獲得してたそうですが、上位に食い込めるくらい世界へ発信してきた京都のイメージ戦略は素晴らしいものがあります。



しかしそのまんまのイメージで観光に行ったり、他の地方から移住をしたら幻滅をしてしまう可能性が高いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる