移住してわかったのは常識が物凄く小さい知識だった事


よく親や学校から教わった常識を頑なに信じている人いますよね。僕も最初は固く信じていましたが、それを信じれば信じる程自分の損切りをするばかりでした。



途中から常識を捨てて、自分の住みたい土地へ移住しましたが今はめちゃ快適です。常識に縛られたら移住なんて絶対に出来ないでしょう。常識は自分を縛り付ける悪魔の知識です。

そもそも常識って何なん?

常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。                   
                              引用:Wikipedia


wikipediaではこう書いていますが、皆が持っていて当たり前のものって何ですかね。例えば、きちんと学校に行って卒業しなきゃいけないとか、学校卒業したら働かなきゃいけないとか、仕事は3年以上我慢して続けるべきとか、他人に迷惑を掛けてはいけないとか、そんな事でしょうか。



でも、これらが常識とされることって、自分をSMプレイで縛り付けられる側にする為の知識なんですよね。




常識に縛られない人は今が幸せ

こんなのを盲信してると、人生を我慢の連続にさせる恐ろしい価値観になります。世界では色んな人がいて、学校を中退して自分で起業して会社の経営者になってる人、仕事は3年続かず転々としてるけど意外と生活出来てる人、学校卒業した後はずっとニートしてるor世界中を旅してる人など、色んな人たちがいます。



しかも、そういう人たちの方があんまりストレスを感じてなさそうで、今が幸せそうに見えるんですよね。



それは何故かと言うと、常識に囚われずに自分の好き勝手にやってるから。全然苦に感じてる事が無いんです。だって自分の責任でやってれば少なくとも納得はつきますし、不満も感じないです。


地域が変われば常識も変わる

そもそも国が変われば常識も変わります。日本のお隣の国、中国に住んでたら日本の常識なんて一切通用しません。他人に迷惑を掛けないと言う日本の常識は通じません。



だから道端にゴミを平気でポイ捨てします。道端だけではないですよ、大勢の通行人の目の前、店内でさえもポイ捨てしますからね。



そして、交通マナーでも譲る概念がありませんから、何の合図もなく車やバイクが割り込むなんか日常茶飯事です。国だけではありません。国内でさえ、東京の常識は地方の非常識だったりすることはままあります。



東京だったら近所付き合いはしないのが普通ですが、地方だったら普通にあります。寧ろ近所付き合いしないのは、常識がない奴とレッテル貼りされるだけでなく、何か怪しい人が住んでると不審がられたりもします。



あと関西だったら、割かし話にボケが入ってそれに突っ込まなアカンって言うことがありますが、東京でそんな事やってたらウザイ奴認定されます。



だから常識って小さいものなんですよ。常識を盲信してるのは自分が小さい人間になってる証です。

おわり・常識に囚われると自分が損する

常識を盲信したら自分が損する人間になります。地域あるいは人によって持ってる常識なんて変わりまくるんですから、くれぐれも今の常識を信じない方が良いです。



宗教のように信じてたら引越で住む地域が変わったり、転勤で地方に飛ばされたら地獄を見ますよ。



常識は人の自由を制限させる恐ろしい知恵です。インターネットが使えない、スマホやPCが使えない生活にさせてるようなもんです。その事実に移住してようやく気付きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる