横浜に関西人が多い理由は雰囲気が似てるから説

横浜は関西人が多い街です。僕の周り限定ですが、関西圏出身で横浜に住んでる人がちらほらいます。


最初は何で横浜に多く住んでるんだと疑問だったんですが、関西に来てわかりました。横浜と関西は地理的要因が結構似てるんです。


関連記事:東京で安く暮らしながら遊びも満喫したいなら埼玉に住め

横浜は山が近くに見えて関西近郊の風景と似てる


横浜は西側を見れば、丹沢山、富士山、奥秩父の山塊が目に入ります。目を細めて遠目に見えるレベルではないですよ、目が開いてればハッキリと見えます。



山だとすぐにわかるレベルです。



これが東京の東側、埼玉の中央部や東部、千葉だとはっきりと山が見えません。



だだっ広い関東平野のど真ん中ですから、山なんか見えるはずがありません。筑波山なら見えるかもしれませんが、山脈のような長ーい山は見えません。



関西は山との距離が近く、大阪中心部から20km程度でもう山にぶつかります。なので、ベランダから普通に山が見えます。



関西人は嫌でも山が見える風景で暮らしてるので、横浜からなら山が近くに見えて関東アレルギーを起こさずに済むのでしょう。



横浜より東へ多摩川を超えて、都内や埼玉、千葉まで入ったら山はどこにあんねん!全然見えへんやんか!って言いたくなるくらい山が視界に入らなくなります。



下手したらそれだけで落ち着かなくなるかもしれないです。

横浜の地形は関西の人気エリアの地形と似てる

横浜は小高い山がめちゃくちゃ多いです。そのせいで中心部の一部地域を除いて坂道ばかりです。



さすがに大阪の暗峠のような「これ壁ちゃんか」と言いたくなるくらいの急すぎる坂はありませんが、普通に歩いてるとしんどくなるほど坂ばかりの都市です。



埼玉や千葉のような平野で育った人は、横浜に来ると坂道の多さに音を上げます。坂に弱いです。



そんな横浜以外の関東人が悲鳴を上げる地形は、関西の人気エリアの地形と一緒です。



大阪の千里ニュータウンは、関西屈指の人気があるエリアです。住みたい街ランキングの上位に毎年ランクインしています。



そんな千里ニュータウンは、坂が結構多い。ってか坂だらけ。大阪の中心部に出掛けるなら、山を下るような感じで走りますからね。



そして、兵庫県の高級住宅街、西宮や芦屋も山が迫ってる地形なので坂道が多い。



奈良のニュータウン、近鉄学園前や学研奈良登美ヶ丘も坂道が多く、通ってるだけで横浜が思い浮かんでしまいます。



しかもこれらの人気エリアは山が間近に見えます。それほど酷似してるので、横浜に住んでもそんなに違和感を感じずに暮らせるでしょう。



新幹線で直ぐに帰れるのも影響してるか


新横浜から京都、新大阪へ新幹線1本で帰れるので、直ぐに戻れる環境があるのも影響してるでしょう。帰ろうと思えば、土日で帰る事も可能です。



新横浜から新大阪まで2時間くらいで帰れるので、関西が恋しい関西人は横浜に住んでるのもかもしれません。



逆に関西を捨てた人は、都内や千葉・埼玉に住んでるかもしれないです。物理的に直ぐに帰れる環境は、心理的にめちゃ響くので。



距離を置く事で故郷を忘れる事が出来ます。距離って結構重要なんですよ。

おわり・横浜は関西人にとって暮らしやすいかも


関東の中で横浜の立ち位置は独特です。うちらは東京人ではなく、横浜人なんだと意識してる人が結構います。だから東京に対する対抗意識も少しあったりします。



地域に対する独特の愛着は、それがあんまりない関東の中で横浜が際立っていて、関西人が持つ地元への誇りと相容れるものです。



こういった地域性と地理的な要因が絡み合って、横浜は関西人が多く住む原因になったんでしょう。



物凄く勝手な推測ですが、めちゃ自信があるのでこれで結論づけます!横浜って関西っぽいところあるから、間違いない!


横浜人に関して知りたい人はこの記事をクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる