関東を離れて気づいた、心を蝕む東京絶対主義

シェアする

東京以外は全部田舎だろ、本当の日本は東京だけだから、大阪って都会ではないだろ、真の都会は東京しかない!



東京に住んでしまうと心の奥底で自分の住んでる所がナンバーワンっていう感情が湧き起こります。



発症してしまえば立派な東京絶対主義者の出来上がりです。



関連記事:東京一極集中は日本人の思い込みが一番の原因

東京に住むと自分のアイデンティティが東京になる


これはマジです。ネタじゃないです。東京に住み慣れてしまうと、自分のよりどころが東京になって、相対的に他の地域を見下す思考回路が誕生します。



これは直接口に出す事はそんなにないでしょうけど、無意識にどこからしら思うようになります。



たまに九州や北海道へ旅行に行って、旅行先の地域の人と触れ合う機会があった場合、思わずぽろっと「東京から来ました」って口にするんです。



埼玉や千葉とか東京の外れでもない人ですら、「東京から来ました」ってわざわざ言いますからね。自信もって「埼玉から来ました!」「千葉から来ました!」とは言わないんですよ。



たぶん東京って言えば都会人だと思われるし、優越感も感じられそうだから口にしてるんですね。



埼玉や千葉って言えば知名度無いから通じないだろと思って言ってるんだよ!と思ってそうですが、埼玉・千葉ってそこそこ知名度ありますよ?何でそんな悲観的なん?



この問題は関東人共通の現象です。

東京ひいては関東に住んでるだけで自分は特別なんだと感じるようになる

東京人に留まらず関東人なら、どこかしら自分は良い所に住んでるから他とは違うと思ってます。



関東人が良く言うフレーズで「関西人は東京や関東の文句を言うけど、関東人は大阪とか関西の事話題にしないよ、興味ないもん」と言いますが、それ自体がうちらは特別なんだよ、他の地域と同じ土俵に立たない格別の地域なんだから相手もしないよと言ってるようなもんなんですね。



NHKニュースでローカルニュースを取り扱う際も、わざわざ「首都圏」のニュースに入りますと言います。交通情報の時間も、首都圏の交通情報は~と言います。



毎日言うもんですからそれを頻繁に聞いてると、首都圏に住んでる=うちは特別なんやって言う考えが形成されちゃうんですね。



だって首都だよ!国会議事堂あるし皇居あるし、大企業もいっぱいある、繁華街もめちゃある、だからうちは凄いんや!と思ってしまう訳です。

東京ローカルのニュースを全国で流す東京絶対主義


極め付けはこれですね。数日前に東京の銀座で「GINZA SIX」っていう商業施設がオープンしたらしいですが、これを全国放送で大々的に流す訳ですよ。



いや大阪で銀座のお店のニュースを見ても、まず頻繁に銀座行かんし。そもそも心斎橋行くやろってなります。



これを1日だけ流すならマシな方で、「GINZA SIX」はオープン後数日間くらい流したからタチが悪いです。



その他に、山手線が線路内に人が立ち入って20分止まったニュースを報道フロアのニュースコーナーで流したりします。もう意味がわかんなくなりますね。



関東にいた頃は、大阪環状線が20分電車止まったニュースなんか流れなかったですよ。



東京絶対主義の度が過ぎまくってんなと、関東を離れてからやっと気づきました。ちと遅い気づきでしたが。

おわり:東京絶対主義は暖かく見守ってください


もはやメディアに侵食されまくってるので打開する解決策は皆無に等しいですが、東京絶対主義は暖かくスルー、これしかありません。



意固地になって東京を否定すれば己の否定になるので、東京人は笑顔だったとしても心の中はメラメラ炎が燃え上がってます。そして、いつしか爆発してケンカになります。



東京人が大阪人は自分のテリトリーにガツガツ土足で踏み込むと言いますが、東京人も他のエリアのテリトリーに土足で踏み込んでるので似たようなもんです。



東京と大阪って意外なところで似てるな~って事で締めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

フォローする


ページトップへもどる