大阪に引越すなら大阪市の都心6区がオススメな理由

転勤や就職で大阪に引っ越す機会があったら、大阪の郊外でなく大阪市内が絶対に良いです。市内は徒歩圏内にコンビニが多く、深夜遅くまで営業してるスーパーもあります。


可能なら、市内の中でも都心6区が超絶にオススメです。都心6区は北区、中央区、西区、福島区、天王寺区、浪速区です。


関連記事:移住する前に現地の下見をした方が良い理由

関連記事:大阪で月6万円で自由に生活できる方法

都心6区は大阪中心部に近く買い物が困らない


都心6区は梅田、難波などの大阪中心部に近く、歩けばすぐコンビニもあるし、スーパーもライフやKOHYOなどが所々にあります。



また、都心の中にありながら天神橋筋商店街や、心斎橋筋商店街のようなナガーイ商店街があるので、暮らしやすさの点で不安は無いです。



大阪って、環状線の外側よりも内側の方が商店街が充実してるんですよね。外側の商店街は、言っちゃ悪いですが寂れてます。東京の場合は逆で、山手線の外側の方の商店街が充実してますが。

家賃も東京都心に比べたら結構安い


大阪中心部でも家賃はそんなに高くありません。ワンルームマンションなら、北区、中央区でも7~8万出せれば新築物件に住めます。7万足らずでですよ!



東京都心だと、新築のワンルームマンションに住もうものなら最低でも10万以上掛かります。



しかも大阪の場合、東京と違って賃貸の契約更新で更新料が掛からない物件がほとんどです。賃貸物件のほとんどは1~2年契約になりますが、何も払わず自動更新されます。



関西に来た時初めて知りましたよ。賃貸の更新料が掛かるのは、東京と京都だけだった事に。



東京はどんだけぼったくりしてんねん!と文句ばかりになりましたが、この文句はまた別の機会に記事にしますね。


おわり:都心6区がオススメなのは、大阪の勢いを肌で感じる事が出来るから


大阪は今盛り上がってます。外国人旅行客が関空からこれでもかと押し寄せているので、インバウンド需要がめちゃくちゃあります。一時期と比べたらピークは過ぎたとニュースされる事もありますが、それでも大阪中心部は外国人旅行客でごった返しています。



その影響でホテルの建設ラッシュが中心部で起こってて、高層ビルやマンションがバンバン建ちまくってます。確か今年の地価上昇率ランキンギでは、大阪が上位を独占しました。



大阪人は大阪は景気悪い言うてますが、他の地方に比べたら段違いに景気良いと思いますよ。特にサービス産業が活気に満ちてますし。



そういった勢いを間近で感じながら生活するのは非常に重要です。モチベーションが高まるので、仕事にしろプライベートにしろ良い影響を与えますし、暮らしてるだけでウキウキワクワクしてきます。



都会だから住環境は静かではないのではと懸念するかもしれませんが、大通りを外れたら意外に静かです。特に平日の夜間や土日は静かな都会を堪能する事が出来ますよ。



最後に、都心6区の中でも浪速区は場所によって治安にばらつきがあるので注意してください。湊町や桜川周辺は浪速区の中でも比較的治安はマシだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる