田舎への移住は全力で否定する

よく移住の目的で、都会の人混みに疲れた、静かな環境で暮らしたい理由で移住を考える人がいるようですが、僕には全然理解できません。アホかと思います。田舎暮らしって娯楽が少ないし、充実した生活を送れるんでしょうか。

 

選択肢が限られてる田舎は車がないと超絶に不便

 
田舎はあらゆる点で制約があります。まず近所に買い物へ行くとしても、歩いて行ける距離でなく車を使わないといけません。車で5分で近所のスーパーへ買い物なら、徒歩だと30分掛かる距離です。これ、もし車が使えなくなったら物凄く不便ですよ。

 
しかも病院へ行こうものなら、これも車で行くしかないです。病院といっても総合病院ではないですよ、町医者へ行くにも車が必要になりますからね。住んでる町には医者がいなくて、隣町の医者まで行かないと駄目なケースがざらにあります。

 
田舎の町医者は車で来院するのに備えて、デカイ駐車場があったりします。ここはショッピングモールの駐車場か!と思うくらいデカイところがあります。
 



 

休日はイオンで時間を潰すしかない

 
田舎は遊ぶとこも全然ありません。デートスポットがイオンになるレベルです。テーマパークがある訳でもなく、カラオケが出来る所もなく、水族館や博物館もないし、居酒屋も物凄く限られてます。

 
代わりにイオンが娯楽の役割を果たしてるんでしょうが、いかんせん中途半端過ぎる。飲食店や映画館はあるけど、雰囲気を楽しむ造りではないんです。あくまでもショッピングの延長線上にある雰囲気なので、遊んでる気分にならないんですよ。

 

大事な仕事も限られてる

 
そして、一番の問題は仕事が少ない事です。そりゃ田舎でも出来る仕事を持ってるなら大丈夫でしょうが、雇われの仕事で会社を探さなきゃいけない場合、会社が全然ないんですよ。

 
例え会社があったとしても、その会社が人を募集してるとは限らんし、そもそもやりたい仕事がその会社にあるとも限らん訳です。めちゃ不便ですよね、田舎って。仕事が全然なけりゃ、そりゃ都会に人が出ていくのも必然です。

 
そんな状況で移住しても、自分の仕事がなければ元も子もありません。東京から四国に移住した某有名ブロガーがいますが、彼は既にどこでもやれる仕事を持ってたから移住出来たレアなパターンです。それに匹敵する自分の資産を持ってなく、何もない状態で田舎へ移住したら、相当厳しい現実が待ち受けています。

 

移住は戦略的なプランが必要

 
だからこそ移住には、そこで暮してていけるだけのプランを持っておく必要があります。例えば移住するとしても、周辺に仕事が多い町がある所にするか、若しくは某有名ブロガーのように移住先でも出来る仕事を持っておくか等です。

 
田舎でも、仕事がめちゃくちゃある地域はあります。自動車や半導体等、製造業の会社が多い愛知県がそうですね。愛知県は今だいぶ景気が良いので、工場系の仕事がこれでもかとあります。他の地方から仕事を求めて愛知県に引っ越した人もいるくらいです。下手しなくても仕事の数だったら、大阪よりも仕事ありますね。

 

おわり:田舎への移住は不自由がつときまとう

 
田舎は人が全然いないし不便なので、都会とは比べられないくらい静かです。ただ、その分利便性が犠牲になるのを受け入れないと、とてもじゃないですが耐えられないのではないでしょうか。

 
以前に書いたこの記事と矛盾してるやん!と突っ込まれそうですが、もちろんやる気があれば田舎でも住めます。デメリットが気にならないんだったら住めます。ただ都会のような充実した生活を享受するのは、限りなく不可能に近い事を心に留める必要があります。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です