関西人は「あのー」を頻繁に使う

「あのー」を良く使うと、言いたい事が上手く伝わらなかったり、相手から落着きが無い、自信がなさそう人と見られがちですが、関西では「あのー」が枕詞のようにめちゃ聞きます。

関西は「あのー」が繋ぎ言葉として使われてる説


関西エリアに入ると、とにかく良く聞きます。しかも、標準語の「あのー」のイントネーションではなく、語尾の部分を高く伸ばすイントネーションなので、他の地方の人が聞くと耳に残りやすいです。

標準語の「あのー」は、語尾の部分が低く伸びるトーンですから、関西版あのーは逆タイプの言葉ですね。

ストレートにきつく言っても「あのー」でワンクッション置いてる


関西人と話をしてると、毒舌を放つ場面でもいきなりズバッと言ってきません。一旦「あのー」を入れてワンクッション置き、その後毒を放ってきます。


口が悪すぎる人でも、「あのー」を結構使ったりします。敢えてこの感覚を例えて言うと、砂浜を歩いていたら急に落とし穴に嵌ってしまったような感覚です。うん、良くわからん例えやな(恥)

関東人で口が悪い人は、何のクッションもなく毒を出します。マジでズバっと斬り込んで言う感じです。人によっては、関西の毒よりも刺々しくて、冷たく聞こえてしまいます。

関西の毒って、ド直球の核心を突いてくるんですが、話に緩急があるので聞いてみたら意外に猛毒でなかったりします。

おわり:話し方に温かみをもたらしている


不思議と関西版「あのー」に慣れてしまうと、「あのー」が聞こえるだけで温もりを感じてしまうようになりました。

それは、世間一般がマイナス印象で捉えるような言葉でなく、リズミカルな話し方で使われる繋ぎ言葉の「あのー」です。これは、相手への思いやりも含まれているんですね。

「あのー」を多用し過ぎたせいか、遠目で見たら良くわからん記事になりました(泣)

温かみあるけど、まとまりがない文章にもなるから恐ろしい言葉だぜ!「あのー」

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


ページトップへもどる