関東と関西では人種が全然違ってた

引越すまでは関西人の特徴をきっちりリサーチしたつもりでしたが、実際に暮らすと関東人とのギャップを感じる事があります。



関連記事:関西人が東京に進出したら天下を取るかもしれない

関東人と関西人のギャップ➀ あまり我慢をしない


関東人は思った事を直ぐには口にせず、その場で言っていいのか一瞬考える傾向があります。関西人はその逆で思った事をズバズバ言います。



自己主張=正義とされているところがあります。



また、信号が青に変わったのに前の車がもたついてると、即座にクラクションが鳴ります。



たぶん青に変わって2~3秒で発進しないと、即クラクションですな。



関西は、時は金なりを地で行ってるので、時間に関してかなりシビアです。だからその場ですぐ言うし、信号も出来れば待ちたくない。無駄な時間は掛けたくない傾向が強いです。



対して関東は、自分よりも周りの空気を大事にし、一旦頭の中で考えて発言します。交通量が全然ない信号でも、赤信号になってたらきっちり守ります。



我慢を重ねる傾向があるので、ストレスを溜めやすい面もあります。




関東人と関西人のギャップ➁ 言葉づかいに厳しい


関東は標準語エリアですが、意外に言葉づかいは砕けています。語尾に「~じゃん」「~だよね」を老若男女問わず使ってます。



昔は若者言葉だった気がするんですが、オジサンでも普通に「~じゃん」を使ってます(驚愕) 



そして、多少イントネーションが違ってもしきりに指摘する事はありません。



しかし、関西は関西弁を絶対的な言語として位置付けしてますので、言葉遣いに厳しい面があります。



関西弁はテレビで聞くから大丈夫だろうと関西弁を喋っても、イントネーションが違ってたら意味ないです。こいつは関西人じゃないと一発でわかります。



場合によっては、「あんた、関東の人?」と警戒されるので、コミュニケーションが上手く行きません。


関東人と関西人のギャップ➂ 子どもでさえ全然違う


これは、正月関東の実家に帰った時に一番感じた事です。関東の子どもは大人しい子が多いです。マジでめちゃくちゃ多い。



電車の中の家族連れ見ても、小学生くらいの子は不気味なくらい静かにしています。あんまりガヤガヤ騒いでいるところを見た事がありません。



反対に関西の子どもは、めちゃ元気です。アラサーおっさんの僕が負けるくらいパワフルです。電車の中でもバンバン喋るし、声がデカイ。



子どもの頃からデカイ声で話せたら、そりゃ大人になってもデカい声で喋るわけだと妙に納得したくらいです。

おわり:日本人は単一の人種ではない?


こうして見ると、今まで教わった日本人は大人しく、自己主張もせず、我慢強いと言う価値観が簡単に崩れかけます。



荒々しいし、自己主張もするし、我慢もしない人が国内にいるのに、何でこんな価値観が出来上がったんだとふと疑問がわいたくらいです。



ちと本題から脱線しましたが、関東と関西では同じ日本なのかと思うくらい人種が違います。



もちろん人によって違いもありますが、全体的に見ると別民族です。



人種ネタは熱くなりましたが、まだまだ書き足らず手が赤くなりました。しばらく手を冷やします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント


ページトップへもどる