東京はとっても広い街だった

シェアする

関西に移住して気付いた事があります。それは、東京がめちゃめちゃ広い街だった事です。


関西圏の京都・大阪・神戸の各都市を全て合わせても、東京の方が圧倒的に広いです。もうどんどん街が広がっていくブラックホールみたいな都市ですよ。



今回は、日本の大都市「東京」を広い街と言う側面から取り上げます。

移住して気づいた東京と言う巨大な街

関西も大阪・京都・神戸と広い街がありますが、東京はそれがミックスされて一つに巨大化された街なんですね。



東京の繁華街は、銀座・上野・池袋・新宿・渋谷・原宿・六本木等があって、繁華街の多さは日本最大級です。どんだけ東京に人集まるんだよ!って思うくらい、東京には繁華街がめちゃめちゃあります。



そしてそれだけでなく、秋葉原・下北沢・中野・高円寺などサブカルチャーの街もあり、オタクやトリッキーな層を受け入れる懐の広さが半端ないです。


もうね、人を寄せつけるあらゆる要素が備わっているから、東京はどんな人でも受け入れてくれるフレンドリーなメガシティでした。

外に出ないとわからない事もある


人間当たり前のものだと思ってる事が、意外とそうじゃない事に気づかないんですよ。だから、外に出たりするとやっとそれに気づく訳です。

ほら、学校卒業して会社に就職したり、別の会社に転職したりすると、今までの生活や待遇が当たり前じゃなかったり、逆に恵まれていた事に気づいたりしませんか。

自分の場合、引越しで同じような体験をした訳です。

想像以上に大阪はコンパクトだった

事前情報で大阪は街の規模が東京の半分以下と知ってましたが、実際に体感するとより身にしみて感じます。山手線の端から端まで10km以上ありますが、大阪環状線は5~6km程度ですからね。

アカン、こんな事書くとまだ関西人に染まりきってないな(悲)

しかし、大阪は自転車で巡るなら一番良い街です。一部エリア以外は平地ですから、下手したら地下鉄よりもスムーズに移動出来ます。

対して東京は半分くらい台地が広がってるので、坂道が結構あって自転車で移動しにくいです。しかも街が広いので移動だけで時間を消費します。

大阪がコンパクトシティなら、東京はメガシティですね。

おわり:悩んでるなら引っ越してみよう


もし地方に住んでて、東京で暮らしてみたいけど決心出来ない人がいたら、背中を押して「引越してみなよ!」と声をかけます。

僕は現在大阪で楽しく暮らしていますが、東京は最先端が好きな人にはめちゃめちゃハマる街です。人の歩く速さは遅いですが、多様な個性が詰まりまくってます。

だから、いっぱい刺激が溢れてますし、可能性を広げたいなら打って付けの街です!

好きなら損することはまず無いです。
思い切って一歩踏み出してみましょう。

はい、東京の話はここまで!

このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

フォローする


ページトップへもどる