やる気があればどんな場所でも暮らせる

もう3月が終わってしまい、明日から4月になりますね。 

4月からは入学や就職で新しい土地に引っ越す人もいるでしょう。

自分は学校も職場もずっと関東圏だったので、他の土地に引っ越す感覚が全然ありませんでした。今回ひょんなことから、関東圏から関西圏に越しましたが、引越自体は満足しています。


何故かと言われると、自分の意思で引越をしたからなんです。

移住はやる気が伴う引っ越し


特に就職や転勤となると、会社の都合で生活する土地を移されるので、受け身の引越になりがちです。引越し先の暮らしに馴染めない、元の土地に戻りたいと思ってしまうのは、だいたいこのパターンが多いです。

しかし、自分の意思が絡む移住となると、それは能動的な引越になります。移住は好きな土地に移る行動なので、その土地の文化・慣習・言葉についてめちゃくちゃ調べると思います。


そして、メリット・デメリットが次第に見えてきます。




おわり:決断出来れば意外に何とかなる


問題はここです。デメリットがあるのを覚悟して移住できるか。


これが出来れば、「この土地に馴染めない」「地元に帰りたい」と思うことは少なくなると思います。


人って踏ん切りをつけられたら、悪いところなんかどうでも良くなるんですよ。寧ろ良いところの方が、より見えてきたりするんですね。


なので、自然とその土地に染まり、普通に暮らして行けたりします。


やる気があれば、どんな土地でも暮らせる。それを今回の移住で経験出来たのは大きな収穫でした。


と、まぁ意識高い系の文章で書いてしまったわ(恥)

移住ネタは過剰演出になってしまいますな。

さよなら3月!


このエントリーをはてなブックマークに追加



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]   以前に書いたこの記事と矛盾してるやん!と突っ込まれそうですが、もちろんやる気があれば田舎でも住めます。デメリットが気にならないんだったら住めます。ただ都会のような充実した生活を享受するのは、限りなく不可能に近い事を心に留める必要があります。 […]

  2. […]   以前に書いたこの記事と矛盾してるやん!と突っ込まれそうですが、もちろんやる気があれば田舎でも住めます。デメリットが気にならないんだったら住めます。ただ都会のような充実した生活を享受するのは、限りなく不可能に近い事を心に留める必要があります。  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]


ページトップへもどる